食べ物編

HOME SEEDs colum Link Recommends Profile Mail


チョコのよさ
チョコレートもコーラに続いて大好きです。
最近は少し押さえ気味ですが、コーラのお供に最高です。

さて、チョコレートも
あまり良いイメージがないと思います。やっと最近ポリフェノールなどが
注目されてきましたがそれでも押しが弱いですよね。

そこでチョコレートLOVEなわたしが
チョコレートのいいところを挙げてみましたので
参考にしてください。みのもんたさんとか紹介してくれないかな?

この情報は国立健康・栄養研究所から引用させていただきました。

まずカカオの栄養成分。カカオはチョコレートの原材料です。
半分を占めるのがカカオバター(油脂)ですが、このカカオバターに含まれる脂肪酸は他の油脂に比べ
吸収性が低く、コレステロールの上昇が少ないことが確認されています。油脂を除いたあとの約半分が
たんぱく質と食物繊維です。

この
食物繊維は便通改善効果、大腸ガン予防やコレステロール低下作用などの
成人病予防効果があります。

カカオのミネラルの中ではカリウム、マグネシウム、リンの含量が高く、カリウムは食塩の摂り過ぎによる
高血圧の発症を緩和し、またマグネシウムは骨や歯の構成成分として、そしてカルシウムとのバランスからも
重要性を指摘されています。

マグネシウムはスポーツやストレスにより失われやすく、カカオはその補給源として大変重要です。


すごいじゃん!カカオ!!
そこ、ココアでも一緒とか突っ込まない。


つぎにカカオの機能性成分
カカオにはテオブロミンとポリフェノールというものが含まれています。
テオブロミンにはカフェインと同じように、強心作用、利尿作用があります。

またカフェインよりも弱い中枢神経興奮作用もあります。このようにカカオ、コーヒー、お茶などに含まれる
カフェインやテオブロミンなどのアルカロイドの効用は心理的昂揚(要するに精神的に元気になること)を
もたらし、社会生活を営むうえでの重要な役割を果たしています。


チョコを食べれば元気になる!すばらしい!


また最近、カカオには赤ワインで注目を集めているポリフェノールが多く含まれていることがわかっています。
チョコレートの原料のカカオマスに約10 %ほど含まれています。

カカオポリフェノールの抗酸化作用については
(チョコレート・ココア国際栄養シンポジウムにて)←凄い名前のシンポですね。
1.アルコール性胃粘膜障害に対する予防作用
2.発がん予防作用(名古屋大学農学部大澤 俊彦教授)
3.抗動脈硬化作用(星薬科大学瀬山 義幸教授)
4.ビタミンE 欠乏時の酸化ストレスに対する予防作用
が報告されています。

そのほかカカオマスに含まれる抗酸化物質による抗炎症、免疫抑制作用
(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター坂根 剛教授)

また近年、中高年層の感染率が70 〜90 %と言われているピロリ菌感染は胃炎を引き起こすだけでなく、
十二指腸潰瘍の再発、胃ガンの原因とも指摘されていますが、このピロリ菌の胃への付着をココアが
予防することも報告されています。(杏林大学医学部 神谷茂教授)


以上のようにカカオには多量のポリフェノールが含まれ、さまざまの機能が報告されておりますが、
今後さらに科学的に解明されていくことと思われます。



このようにチョコレートというかカカオは体によいのです。
ただカカオを取るのはいいですが、チョコや甘いココアに含まれる糖分の過剰摂取には気をつけましょう。

ちょっとお得な話。
勉強するときなど頭が疲れてきます。脳は働かせるためのエネルギーとして糖分を使います。
こういうときにチョコをひとつ食べてみてはいかがでしょうか。手軽に糖分の補給が出来ますよ。
私は浪人生のときの模試の休憩時間に食べていました。

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO